Japanese

English

简体中文

Home My Martial Art
My Photos
My Tour
My Film
My Book
Lesson

My Martial Art

詠春拳の武術世界

One Mind Ving Tsun Martial Arts Academy

念一詠春武術學會

念一詠春拳カンフー教室





Movies and Album ビデオ/写真
木人樁 八斬刀 六點半棍
木人樁演示 尋橋 示範擸手




About Ving Tsun Martial Arts 詠春拳について
History

歷史


詠春拳の発祥には清朝に対するレジスタンスや、粤劇(広東オペラ)の発祥が関わっていると言われる。 創始者とみなされている者としては、至善禅師、五枚尼姑、苗顕、厳詠春、方永春、張五(攤手五)などの名が残る。 厳詠春の父、厳二はある事件によってタイやミャンマー国境に程近い四川省の大涼山まで逃亡をし、そこで豆腐を 売って生活をしていた。厳二は地元の少数民族から四川梅花拳(五枚尼姑伝の拳法)などの南派少林拳を学ぶ。厳詠春は それらを父から学び、改良したという。また古伝の永春拳の創始者の一人と伝わる五枚(五梅)尼姑が、四川省の大涼山に隠れ、 そこで詠春拳を作ったという伝承もある。佛山の茶葉商人であり後に厳詠春の夫となる梁博儔がそれを学び、そして更に古伝の永春拳は梁博儔の 唯一の弟子である広東省佛山の商人、梁蘭桂へと受け継がれていった。やがて佛山から粤劇の紅船戯班が旅巡業にやって来た折り、粤劇「紅船戯班」 の役者であった黄華寶と船員の梁二娣が梁蘭桂から古伝の永春拳を教わることとなり、激しい修行の結果、黄華寶と梁二娣は古伝の永春拳を継承した。

対外的に詠春拳を伝授するようになったのは、紅船戯班の黄華寶・梁二娣から四川梅花拳、蛇形洪拳、古伝の永春拳など各種南派少林拳を授かった「詠春拳王」 と呼ばれた佛山の武術家、梁贊(1826~1901)からである。またこの拳法が古伝の永春拳から言偏の付いた「詠春拳」と呼ばれるようになったのも、小念頭、尋橋、標指 の三套路に制定したのも梁贊であったと言われている。しかし、梁贊は生涯、詠春拳の武館を構えることはなく、詠春拳を伝えたのは自分の息子と僅かの弟子だけであった。 その中に陳華順(1849~1913)がおり、彼は贊生堂の向かいで両替商を営んでいたため別名を「找錢華」と呼ばれたが、その縁で詠春拳を学ぶこととなった。 これ以後詠春拳は多くの弟子を輩出するに至った。陳華順の弟子の中でも、雷汝済は後の佛山派の祖となり、葉問は香港に渡り、葉問派の一代宗師となった。

Specialism

練習の内容



	  型  :  1. 小念頭      2. 尋橋       3. 標指
武器 : 1. 六點半棍 2. 木人樁 3. 八斬刀
組手 : 1. 黐手 2. 撾手 3. 腿法
Pratical Martial Arts

実践的なの格闘技


詠春拳は短距離で、少ない力を利用して、最大のパワーを作りだす。中国武術中でも、 実用性が富んだ自衛術です。

香港カンフー映画“葉問”、詠春拳ブームを起こして、香港での人気は疑う事もなく、 今では子ども、女性、男性、年配の方にも大人気の中国武術になっています。タイトルになっている葉問とは、広東省から広まった伝統武術・詠春拳の達人の名であり、 ブルス.リの先生だった。

ほかの拳法と違い、飛び跳ねたりする無駄な動きは一切しない。地味な手技を特徴とした、そんな詠春拳を取得したリーが新た編み出した武道が、 現在の格闘家たちの見本もなっている「截拳道(ジークンドー)」。つまり、葉問の存在なくして、ブルス.リだったからであるは誕生しなかったのである。

Speciality of Ving Tsun

詠春拳を学ぶ良さ


1. 護身術でもあるが、全身を鍛得ることができ、バランス感覚も養える。

2. 大人の運動不足やストレス解消、子供の身体能力や体力のアップ。

3. 女性が作った少林カンフーで、力に頼らない武術。

4. 「木人型」という道具で練習を通して、足、腰を強め、体力と集中力を高め、反応が速やかになる。

5. 詠春拳は近距離での打撃に非常に適しており、自己防衛を基本とする香港警察学院、廉政公署訓練キャンプの必修武術課目においても、詠春拳が加えられています。



Ving Tsun Family Linkage 詠春拳の伝承者
Grandmaster Yip Man

葉問


葉問與李小龍黐手

葉問(1893年10月1日-1972年12月2日)は本名を葉継問と言い、広東省南海人である。葉一族は佛山では桑畑や綿花畑、製糸工場などを経営しており、 裕福な名家の次男として生を受けた。兄と姉が一人ずつ、妹が一人の6人家族であった。詠春拳では陳華順の最晩年の弟子にあたり、 葉問入門当時(1904年)陳華順54歳、葉問11歳であった。葉問は直接武館には通わず、葉家の祖師堂にわざわざ陳華順を呼んで 月額・銀8両、非常に高額な月謝を支払って個人教授で教わっていたという。入門して2年ほど経って、不幸にも陳華順は脳卒中を患い、 指導ができなくなった。当然、葉問が僅か2年で詠春拳の全傳を継承しているはずもなく、陳華順の「葉問が最後まで詠春拳を修行できるように」 と兄弟子達へ進言したことによって葉問の修行は続けられる事となった。陳華順の代わりに葉問の面倒を見たのは葉問にとって兄弟子にあたる呉仲素で、 既に佛山の線香街で詠春拳の武館を開いていたため数年間面倒を見る形となった。この時に呉仲素の計らいで広州派詠春拳伝承者の阮奇山とも交流しながら拳技を磨いた。  

1909年、葉問16歳の時、香港へ留学を果たす。香港留学の間、詠春拳の練習は中断するかと思われたが、偶然にも、梁贊の実子、師叔にあたる梁壁と翌年香港で出会う。葉問は 好運にも、香港での留学期間も詠春拳を4年ほど練習する機会を得たのである。1918年、佛山に戻った葉問は警察官となる。葉問の香港での生活はたちまち困窮を極めた。葉問が 生き延びるために残された道は、弟子を取って詠春拳を教える事で生活していく事のみであった。1950年5月、李民の計らいで「港九飯店職工總會」で詠春班の   最初の練習が始まる事となった。参加者は職工總會理事長の梁相、駱耀、陳球、陳計ら16名であった。7月には次の新しいクラスが開始されたが、30名を超す人気で詠春拳の香港で の名声は一気に広まる。

Wong Shun Leung

黃淳樑


「講手王」黃淳樑

黃淳樑師公 (1935年5月8日-1997年1月28日)、幼い頃から武術にいそしみ、葉問宗師の弟子となって頭角を現す。若くして積極的に他流試合を行い、実力を示した事から「講手王」の異名を取る。 (講手=挑戦の意味)李小龍(ブルース・リー)が葉問宗師に弟子入りすると、黄淳樑師公はその資質を見抜き、手ずから教えた。これより2人の長い師弟関係が始まる。 黄師公は長年弟子の育成に務め、数多くの優れた人材を輩出。詠春拳の名を世に知らしめた。詠春拳の名だたる使い手の多くは彼の弟子であり、黄師公の教えを今日も伝え続けている。

Yuen Yim Keung

袁炎強


恩師袁炎強

袁炎強恩師(1945年11月28日-2010年4月7日)、幼少の折から武術を好み、1970年より詠春拳の黃淳樑師父のもとで武術を学ぶ。1972年、黄師父の武館で指導を任される。 同時期に指導を任された卓慶全、楊松齢、林文学らはその後別々の発展の道を辿ったが、唯一袁師父だけは黄師父のもとに留まった。師範袁炎強は黄淳梁師父から詠春拳会師範として 認定され35年以上になる。1978年には黄師父に代わり、キックボクシング世界大会に参加するため日本に赴く。その後も台湾での国際武術試合に参加する等様々な経験を積み、武術の鍛錬に生かした。

Gary Lam

林祥平


教練林祥平

15歳から空手を始める。1988年に日本で全日本空手道連盟系東流初段黒帯取得。並びに同年、日本での第11回朝霞市空手道選手権大会に参加し、個人戦組手部門で優勝、優秀選手賞に選ばれた他、 他の武術における大会でも賞を獲得。詠春拳の師範、袁炎強に師事し、2007年に詠春体育会の詠春拳術認定コーチになる。同年師範一同とドイツに赴き、同地の詠春拳術交流研究会で指導。 更に師範より直々、詠春拳門外不出の八斬刀法を伝授される。この事からもわかるように詠春拳は実際的で、又近年、香港でも認知が広まり、次第に認められるようになってきています。 其のため、詠春拳の研鑽を通じ得たことを、様一同と分かち合えればと願っています。



Course Introduction コース紹介
Course Speciality

コースの特色


1. 詠春拳を通じて身心共に強くなること、短期間で瞬発力と自己防衛術を学ぶこと。

2. 詠春拳の『黐手』を基本として学び、敏速な動き、集中力、体の軸を強める(コア)トレーニングを学ぶ。基本的な動作の確認をした後、実際の相手をつけての組み手を学ぶ。

3. 3つの型(小念頭 、尋橋 、標指 )を通じてバランス感覚を学び体の軸からの攻撃、防衛術を学ぶ。

4. 中級以上は「六點半棍の型」、「木人樁」と「八斬刀」を学ぶことができる。それらを学ぶことにより、スピード感、軸(コア)からインターナルパワーの感覚を高めることができるようになる。

5. 言語は英語、広東語、英語、北京語、全てに対応。個人指導も可能。

Course Information

コース情報


1. クラススケジュール:

毎週月曜日 午後十二時〜一時半(太子)
毎週月曜日 七時〜九時(深圳)
毎週水曜日 七時〜九時(深圳)
毎週木曜日 夜七時半〜九時半(太子)
毎週金曜日 夜七時〜九時(深圳)
毎週日曜日 年後五時〜七時(太子)

2. 住所:

月曜日

深圳市罗湖区南湖路庆安大厦810(罗宝线国贸站A出口)

Rm 810, 2011 Nan Hu Road, Qing An Building(Exit A, Guo Mao Station, Line 1)
(地図) :
  

水曜日

深圳市罗湖区南湖路庆安大厦810(罗宝线国贸站A出口)

Rm 810, 2011 Nan Hu Road, Qing An Building(Exit A, Guo Mao Station, Line 1)
(地图 Map) :

木曜日

九龍彌敦道757號13樓 (港鐵太子站C1出口)

13/F., 757 Nathan Road, Kowloon (Prince Edward C1 Exit)
(地圖 Map) :

金曜日

深圳市罗湖区南湖路庆安大厦810(罗宝线国贸站A出口)

Rm 810, 2011 Nan Hu Road, Qing An Building(Exit A, Guo Mao Station, Line 1)
(地圖 Map) :

日曜日

九龍荔枝角道99-101號應如大廈13樓B室(港鐵太子站C2出口)

Flat B, 13/FL, Ying Yue Building, 99-101 Lai Chi Kok Road, Kowloon. (Prince Edward C2 Exit)
(地図) :

3. 費用 : 詳しい事は気軽くGary Lamまで、お問い合わせ下さい

4. 導師 : Gary Lam 林祥平 (BSc)

5. 連絡先 :

電話 : 852 6088 6238 (Gary Lam)
電子メール : garylam@onemindvingtsun.com
ウィーチャット(Wechat) : VingTsunGary or onekungfu
ウエブサイト : www.onemindvingtsun.com
Instructor Profile

導師のプロフィル


1. 沙田刀術格闘コンテスト優勝 (2011)

2. 詠春體育會詠春拳認定インストラクター (2007)

3. 袁炎強詠春國術會八斬刀課程認定取得 (2007)

4. 全日本空手道連盟糸東流空手道初段 (1988)

5. 第11回埼玉県朝霞市空手道選手権組手優勝 (1988)

6. 第11回埼玉県朝霞市空手道選手権型・演武優勝 (1988)

7. 神奈川県入間市空手道選手権大会組手第二位 (1988)



Contact Me

Contact Me

Copyright © 2012 Gary Lam. All rights reserved.